わたしの格安SIMとの付き合い方

低価格化の波が光やWiFiだけでなく携帯回線にも押し寄せています。

格安SIMと呼ばれるもので、大元のキャリア回線をMVNO事業者がレンタルして安く提供しています。

月額は間違いなくキャリアよりも安くなりますが、いくつか知っておきたい違いがあります。

まず、1つ目が速度が安定しないこと。いつでも遅いわけではありませんが、昼や夕方などのユーザーが集中してネットを使う時間帯は混雑してネットの速度が低下します。契約するMVNO事業者の通信設備に準拠しますが、弱いところではまともに使えないレベルまで遅くなってしまいます。

2つ目はサポート体制です。キャリアなら困ったことがあったらすぐにショップに行けば解決できましたが、格安SIMではそうはいきません。人件費を節約するために実店舗がある事業者自体が少ないです。あっても、都市部に数店舗といったレベルです。トラブルは起きてみないとわかりませんが、キャリアレベルの対応を期待してはいけません。

昔はdocomoしか選択肢がなく、auとソフトバンクは蚊帳の外でしたが、ようやくauにも格安SIMが登場しました。(ソフトバンクも2017年中に出るみたいです)

auの格安SIMとしてはUQモバイルとmineoが2大巨頭といえます。

UQモバイルはauのKDDIと関係が深いので、実効速度が格安SIMの中でもトップクラス(ほぼ1番と言って過言でないです)です。ただ、プラン自体が少ないので使い勝手が悪いと言うデメリットがあります。ただ、mineoにはない2年契約でiPhoneSEがセット購入できるメリットがあります。

mineoは運営元が関西電力なので、経営基盤もしっかりしていて安心です。さらにUQモバイルと比べて料金プランが500MB~10GBまであるので、使い勝手がいいです。ただ、最近は人気によるユーザー数の増加で昼間の通信速度の低下を指摘されています。

わたしは長い間auで毎月スマホ代コミで7,000円ほど払っていました。それがmineoの通話SIM5GBプランに変えたら毎月の料金が2,190円+通話料金にまで下がりました。

通話料金が30秒20円と少し高かったんですが、今はオプションでかけ放題があるので今より通話の頻度が上がるようでしたら加入を検討します。

mineo以外にUQモバイルも候補になっていましたが、UQモバイルとmineoの比較サイトをみて自分にはmineoの方が合っていると思い、mineoにしました。

正直使い方によってどっちがベストか変わってくるので、わたしの意見というより比較サイトで条件や料金を調べてみるのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です